函館不動産ウェブ

今週のあの店・この人

堀内建設 ユニバーサルホーム函館店 安岡さん

「地熱床システムで 冬は暖かに、夏は涼しく」

杉林さん

今回伺った堀内建設さんは、ユニバーサルホームの函館店として住宅の建築を行っています。インタビューに応じてくださった安岡さんは、堀内建設で唯一の営業マン。さわやかな笑顔で出迎えてくれました。

同社が手掛けるユニバーサルホームの大きな特徴は、「地熱床システム」を採用していること。これは、床下に粒のそろった砕石をびっしりと敷き詰め、その上に鉄筋を組んで暖房用パイプを敷設し、その上から150ミリ厚のコンクリートを流して1階全面床を仕上げる工程。地熱が砕石に伝わり、砕石自体が蓄熱体となることで、冬でも室内を暖かく保つことができるそうです。また、地中の温度は年間を通じてあまり変化しないため、夏は逆に涼しく過ごせるとのこと。 その上、1階は全室が床暖房。トイレや脱衣所などもすべて居室と同じ温度なので、冬場の寒暖の差によるヒートショックの心配もありません。

事務所

元々、函館が地元の安岡さんですが、「高校の頃からすでに物を創るということに興味があった。特に建築に興味がありました。」と、早くから建築業界への道を歩んできたそうです。関東や札幌で現場監督のようなものから、設計、施工、そして不動産業まで、非常に多岐にわたって経験を積まれていらっしゃるので、まさに”建築業界の何でも屋さん”とも言える安岡さん。二級建築士の資格までお持ちなのは驚きました。

その経験豊富な安岡さんから、住宅購入を検討しているお客さんの近年の傾向をお聞きしてみました。「最近は品質そのものより、まず建築時の値段で考えられる方が多いのですが、部材・職人さんの手間賃など、安くなる理由は様々です。安く建てられる家で、10年、20年後追加のリフォームが必要になる家だった場合、結局は費用が高くなってしまいます。しっかりとした見極めが重要です」。

緑の村

では、安岡さんがユニバーサルホームをお勧めする理由とは何でしょうか? 「安い部材を使った家は、メンテナンス費用が大幅に変わってくるのですが、ユニバーサルホームは国産の材料を使う事により、信頼性と耐久性が非常に高いということが挙げられます。「地熱床システム」はもちろんですが、中身も非常に優れた住宅なんです」。

確かに住宅は、住宅ローン以外にも日々の光熱費、維持費などを含めた総コストも重要ですね。 「安心して購入する為に調べ尽して欲しいとは思うのですが、なかなか個人では調べ難い業界ですので、営業マンにどんどん聞いて欲しいと思います。もちろん家についてわからない点などがあれば、私にも何でも遠慮なく気軽に相談してくださいね」。

堀内建設 ユニバーサルホーム函館店
  函館市鍛治2丁目17-19 TEL:0138-30-7111

バックナンバー

今週のあの店・この人
木立さん
紀国さん
菊地さん
ミサワホーム北海道函館支店
石垣さん
森川さん
金丸さん
山田さん
橋本さん
荒木さん
柳町さん
土屋ホーム 函館支店
新井田さん
安岡さん
見上さん
ランドキャピタル
三田地さん
松原さん
川崎さん
曲小 小倉工務店
FKS
気になる物件見てきたよ(^^)
薪ストーブが暖かな、南欧スタイルのお洒落物件
冷暖房完備!きれいで便利なワンルーム
スマートハウス徹底解析
明瞭会計!子育て世代のコミコミ住宅
外断熱と換気システム 大型ロフトが楽しい住宅
カナダの雰囲気感じる、素敵な住宅
駅近で便利!大きな窓のおしゃれ物件
安心のサポート、高齢者賃貸マンションとは