函館不動産ウェブ

今週のあの店・この人

FKS 不動産管理部営業 岩間 雄洋さん

「何を解決するべきかを 正確に把握する」

岩間さん

今回の訪問先は、北斗市のFKSさん。自社物件の取り扱いを中心に、土地・住宅の売買などを幅広く手掛けています。不動産会社としては決して大会社というわけではありませんが、その分ひとつひとつの案件に心を込めて素早く対応するのがモットー。さて、今回インタビューに応じてくださった岩間雄洋さんは、高校時代にはバレーボール部に所属していたという元スポーツマン。ところが、もともとバレーボールに興味があったわけではなく、むしろあまり好きではなかったとのこと。

パネル組み立て

「バレー部に友だちがいたので何となく」という動機で入部したため、辞めようかなと思ったことも。最後まで辞めなかったのは、「部員が少なかったので自分が辞めたらみんなが困るし、部員のみんなとも仲が良かったので」。周囲の人への思いやりや責任感の強さが表れたエピソードと言えそうです。ちなみに、大学ではビーチバレーサークルに参加して友だちが一気に広がったといい、「高校時代にバレーボールをやってて良かった」と思ったそうです。

岩間雄洋さんが現在担当しているのは、自社物件の管理。担当している件数は10数棟、件数にして100戸ほど。意外と少なく思えますが、「あえて担当件数を少なくすることで、小回りの利く体制にしています」とのこと。

外観

入居前の部屋の状況確認や退居時の立会いなどの入退居に伴う仕事はもちろんのこと、「廊下の電球が切れた」「収納のドアが壊れた」などの補修・メンテナンスなどの要望に対応するのも岩間さんの役目です。お客さんからこうした連絡が寄せられた際には、業者に任せきりにするのでなく、必ずお客さんと時間を打ち合わせて現地に足を運び、自分の目で現状を確認するようにしています。

仕事上、時にはお客さんからのクレームに対応しなければならないことも。そんな時に心がけているのは、お客さんが怒っている時ほどよく話を聞くこと。中途半端に話を聞いて対応したのでは解決につながらないため、お客さんの不満の原因を探り、「何を解決するべきなのかを正確に把握するように努めています」。一言一言誠実に話す岩間さんの全身から、周囲の人々への優しさがにじみ出ているようです。インタビューを横で聞いていた上司も、「岩間さんが入社してから、お客さんへの対応がより迅速になりましたよ」と太鼓判。

「管理会社としての立場でもありつつ、自社物件を扱っている以上は大家さんでもあるので、そのふたつの役割をしっかり果たしていけるようにさらに自分を磨いていきたいと思っています」と、実直に今後の目標を語る岩間さんでした。

FKS 北斗市久根別5丁目16-17 TEL:0138-73-7505 ホームページへ

バックナンバー

今週のあの店・この人
FKS
新井田さん
安岡さん
金丸さん
曲小 小倉工務店
三田地さん
橋本さん
川崎さん
柳町さん
松原さん
見上さん
山田さん
木立さん
土屋ホーム 函館支店
菊地さん
荒木さん
紀国さん
石垣さん
森川さん
ミサワホーム北海道函館支店
ランドキャピタル
気になる物件見てきたよ(^^)
明瞭会計!子育て世代のコミコミ住宅
スマートハウス徹底解析
カナダの雰囲気感じる、素敵な住宅
駅近で便利!大きな窓のおしゃれ物件
薪ストーブが暖かな、南欧スタイルのお洒落物件
安心のサポート、高齢者賃貸マンションとは
外断熱と換気システム 大型ロフトが楽しい住宅
冷暖房完備!きれいで便利なワンルーム